良い靴の特徴ってなんでしょうか?

January 30, 2016

様々な靴を見て、触ってきた経験から“良い靴”とは、どんな特徴があるんだろうと良く考えます。

正解があるという前提ではなく、沢山あるのですが、僕が思う良い靴に共通している特徴を1つ書きます。

まず、良い靴とは20年経過しても立体的な形を保っている靴だと思います。

つまり、靴の形状を長期間保てる工夫が成されている靴です。

その工夫で、とくに見てとれる特徴が1つあります。

先芯と踵に芯材が入っていることは、一般の方でも知っていると思いますが、側面にも靴を囲うように芯が入っているのはご存知でしょうか?

補強布や革で作られる芯が入っています。この側面の芯材の巧みさに良い靴の特徴が出ると思います。

エドワードグリーンの場合

側面の芯がしっかりしているので、思い切り押しても垂れません。おおよそ1センチ近い芯が入っています。

ジョンロブの場合も同じく

値段に関わらず、芯材が柔らかい靴の場合

(3~5ミリ、1cmほど芯が入っていても柔らかい)

良いとされる靴は、側面芯材が先芯と同じくらい硬いのが特徴だと思います。

尚且つ、1cm近い高さの芯がグルッと靴を囲うように入っています。靴を土台から支えている為、20年履いても立体的に靴の形状を保ちます。

思いっきり押しても硬く、凹むことはありません。ですが、足入れをする内側は、やわらかく心地よい仕上がりになっているんです。技術の成せる技ですね。

 

側面をグッと押して、ペコペコの靴は、経年変化で靴が平面になってきます。

バンプから吐口までの立ち上がりもなく、平坦な顔つきになります。

但し!イタリア靴ではよく意図して柔らかく作られている靴もあります。

(柔らかくするなら、中途半端ではなく芯を入れないという発想)

エドワードグリーンの側面

 立体的且つ、はっきりと側面の芯による立ち上がりが見てとれます。

 ジョンロブも美しいですね。

こちらは、 バンプがぺちゃんこになっています。。。さらに側面の形状が保てておらず、コバからアッパー部分が、飛び出ています。分かりやすく、上からの写真をもう一枚

どうせお金を使うなら、一生付き合える靴を買いたいものです。日々感じている良い靴にみられる。。。勝手な特徴レポートでした。

 

大阪 靴磨き・靴修理専門店 THE WAY THINGS GO (TWTG shoeshine) 

 

Please reload

特集記事

世界の靴磨き職人

November 23, 2015

1/1
Please reload

最新記事

February 11, 2017

December 7, 2016

August 11, 2016

May 25, 2016