高いか安いか

December 21, 2015

靴磨きの料金も様々です。

本日もスッキリに出ていた東京有楽町にある千葉スペシャルさんなら1足10分ほど、料金は一律1000円です。来店数は、なんと1日200人。6名で運営しています。

千葉スペシャルさんでは、お客様が靴を履いたまま水拭きでの汚れ落としから始まり、オリジナルクリーム3種(実際成分はワックス)を段階で塗り込み、鏡面仕上げ(顔が映るほど磨きこみます)を行います。下記、千葉スペシャルさんでのビフォーアフター

値段だけでいえば、大阪にも1000円前後から磨ける専門店がありますが、その場合、上記のように美しく輝きません。汚れ落としとクリームのみでのケアのようです。

クリームのケアまでであればご自身でも簡単にできますし、クオリティを落とし、安くすることに意味が無い為、当店では最低ラインを最高の仕上げとしています。

 

下記当店の通常仕上げ

実際プロに依頼するのであれば、短時間で鏡面磨きを含むサービスであってこそ、感動を生み出せると思います。(特殊サービスは別・傷補修など)

 

では、当店のサービスをご紹介します。

拘束時間が発生する目の前で磨く通常磨き2500円+TAXと1週間預り2200円+TAXがあります。

両方同じ仕上がりとなります。磨く時間は、革によって様々 最短20分前後 長くなると40分ほどかけて磨き上げます。

 

サービスの流れ

①まず靴ひもを外し、普段手入れの行き届かない内部清掃からスタート、消毒殺菌。

②次に靴ソール側面コバの色抜け、荒れがあれば削り直しを行います。

③馬毛ブラシでホコリ・削りだしたコバ周辺をブラッシングで、清掃します。

④クリーナを使用し、古いクリーム・ポリッシュ(ワックス)の除去

⑤②で削り直したコバを染色します。

⑥オーガニッククリームで革へ栄養補給&色の補正

⑦豚毛ブラシでブラッシングし均一に浸透させる。

⑧表面に残るクリームを柔らかいウェスで乾拭き(全体のつや出し効果)

⑨トラディショナルマナーに沿い先端~踵、コバまでを指で少量ポリッシュを取り、薄く重ねる。

⑩起毛系の布を指に巻き、先端に水分を含ませ、少量のポリッシュを馴染ませた後、

 ⑨の工程で重ねたポリッシュ箇所を磨き上げ、文字がはっきり映る程の鏡面磨きを行う。

⑪少量の水分と山羊ブラシで全体をブラッシングし、革が濡れたような表情へ引き上げる。

⑫起毛系布で乾拭き

⑬ソールに特殊なジェルオイルを含ませ柔軟性を取り戻す。

⑭靴ひもを締めなおし、完了。

 

通常1000円までのサービスであれば、この14工程の内、どこも3~5工程のサービス内容になります。当店では、この項目すべてが、基本の標準サービスです。

 

輝きの持続期間も含め、最高の靴磨きを提供いたします。

当店の靴磨きを終えたお客様は、必ず安いと仰いますよ~一度体験してみてください。

 

必ず感動していただけるので、お越し下さいませ!!

 

大阪 靴磨き・靴修理専門店 THE WAY THINGS GO (TWTG shoeshine) 

 

Please reload

特集記事

世界の靴磨き職人

November 23, 2015

1/1
Please reload

最新記事

February 11, 2017

December 7, 2016

August 11, 2016

May 25, 2016