革の染変え

表面の顔料を除去し、ダークオリーブへ染料での染め変え。

手に入らないカラーと同モデルのサンドベージュカラーを希望色へ染料で、染め変え。

濃すぎたり、薄すぎたり、バランスが悪いとお持ち込みいただいた1足。希望に合わせ一部だけ補正。 向かって右がAFTER。

色補正

ブライドルレザーの色補正、新品のように染料で均一に染め直し。

コードバン経年変化での色抜け補正、染料(革に合わせ、沢山の種別があります)

コードバン経年変化での色抜け補正2

くもり補修とキズ補修

ゴールドやシルバーカラーの靴に良く見るフィルムを貼り付けた仕様。銀浮きのように皺から本体とシートに隙間が出来ることで破れます。 剥がれた面の下地を整え、3種類の液剤でシート独特のテカりを再現し、全体と色調補正することで違和感なく仕上げています。

靴先をブツけることで、よくおこる症状です。 革との段差をなくし、質感を無くさない程度に顔料を使用し補正。

退色とキズによる色抜けを顔料補正。

クレーター補修

革表面にできたクレーターを均し、革本来の質感に戻しています。

革表面にできたクレーターを均し、革本来の質感に戻しています。

シミ補正

長年沈着した黒ずんだ汚れ(シミ)を特殊な液剤で除去。

こんな可愛いシミも簡単に消せます。

特に酷かった側面のシミを除去→落ち切らないシミは薄く顔料でコートし、分からない状態にしています。